バイクで迷子 *new!

独自ドメインとって移転しました❤あいかわらずキョドってる時はだいたい迷子ですw


バイクとHMS鈴鹿と私・4月編(2)

 

■リニューアル内容(6)パイロンスラローム

これまではコーススラロームが先でパイロンスラロームが最後だったのに!

でも実はパイロンスラロームのほうが先のほうがいいんじゃ?と思っていたので、

これもアンケートなりの改善点だったのだろうか。

 

2017年度はとにかく基礎からってことになったのか、

「ツーリングライド」に役立つようにって頑張ることにしたからか、

 

スラる前にスラる理由を説明し、ジグザグする前にジグだけ練習したり、

パイロンスラロームはバイクを倒したり何やかんやする前に、

まずはアクセルとブレーキでしっかり・・・という方向だったので、

私の前回までのカルテの内容&課題は一体。ということに。

 

オフセットスラロームもけっこう慣れてきてて、

先生はほめてくれたが、自分ではまだアカンと思う。特に右ターン。 

ていうか、今回の先生たち、優しすぎや。

 

■Uターン

Uターン練習は今回もパス。次からやろかな。

 

■リニューアル内容(7)コーススラローム

コーススラロームはまだまだ苦手意識があるけど、

それでも慣れてきたし、迷子もマシになるはず。と思ったいたら、

コース大幅変更。てか、これまでの終点が、入口に。(;∀;)

 

やはり「ツーリングライド」に重きを置き、

スタート地点から長い直線というコース作りで、

道の駅から出てきて本線に合流という設定。

今回の先生は道の駅が大好きなようだ。

 

入口付近で渋滞して、細かいUターンを勢いなしでしなければならず、

それ一番危険なんですけど状態だった。

 

コースは少し易しくなっていたし、慣れてきているけれど、

やっぱりまだ苦手だし、

前回指摘された、右ターンで失速しすぎてるのもやっぱり自分でわかる。

なのに先生はほめる。(左ターンでw)

もっと厳しくして!!

 

ひとりひとりにアドバイスというのは今回はなし。先生によるのね。

 

■全体的に易しく感じた

あっという間に終わり。

ラスト周回の時にラストと言ってくれず、 気づけば終わりw

前回までより内容が少し易しくなったからか、私が慣れてきているからか、

両方だからか、物足りなく感じた。  

 

■晴れ女-2

教室に戻ったとたんに、土砂降りに。

 

■次回は・・・1

あまりにも物足りなく感じたので、

次回は2nd中級スポーティーライドに参加してみようかと思ってしまった。

けど、帰り道やっぱりものすごく疲れてたし、

Uターン練習飛ばしたりしてるし、もう少し1st中級で練習しようと思う。

が、はじめの説明が長いのよね・・・

 

■次回は・・・2

バイクで来たいけど、帰りの疲れ方を思うと、

やっぱり電車のほうがいいのかなと思う。

行きだけバイクで、

帰りはセバスチャンがトランポで迎えに来てくれたらいいのに。 (誰)

 

■おまけ(1)カッコイイのは・・・

ロクダボ(CBR600RR)に乗る人は、

私が参加したクラスではいつも一人いるかいないかぐらいで今回も1台。

エンジンガードがついてても、こかされてキズだらけでも、

やはりSSはカッコイイ。(*´Д`)ハァハァ

 

今回ロクダボくんに乗ってのは、おっちゃんだったが、

べったりついてなお余っているおみ足の長さがカッコイイおっちゃんだった。

走る姿もなかなかカッコイイ。(*´Д`)ハァハァ

 

そうこうしてたら、ロクダボが2台に増えてた。

いつの間にか先生もロクダボに乗ってた。

先生は、スリムでコンパクトなボディの持ち主だったけど、

足はそれなりについてた。(てことは私もいけるのかな・・・)

 

てか、元レーサーとのことで、だからなのか先生だからなのか、

SSを操るお姿が、べらぼーーーーにカッコよかた。(*´Д`)ハァハァ

練習を中断してガン見したいくらいだった。(*´Д`)ハァハァ

 

そんな若干萌え萌え状態を味わえたカリキュラムが終わり、

教室に戻って、カルテとかアンケートとかを書きながら辺りを見渡すと、

先生はただのおにいさんだったし、おっちゃんはただのおっちゃんだった。

 

んーーー(ry

 

■おまけ(2)間違ってるのは・・・

帰りの近鉄特急にて、私の座席に座っているバカ若者がいた。

全席指定だし、何回見てもそこは私の席だったし、

長丁場なので声をかけた。「間違ってませんか?」

 

若者は、なんやこのBBAとでも言いたげに答えた。

「は?僕がですか?(・・・券を見る)・・・僕が間違ってますね」

当たり前やろヴぉkと思いつつ、少し問答したのち、席を替わった。

 

若者が先に降りたが、(だからこそ指摘したのだ!わしゃ大阪まで帰るんじゃ!)

降りる際「すみませんでした」と言い残していった。

良い青年だった。←