読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクで迷子 *new!

独自ドメインとって移転しました❤あいかわらずキョドってる時はだいたい迷子ですw

※マイナーチェンジしたので、各記事のURLが変わっています~。ゴメンナサイ!!※

バイクとHMS鈴鹿と私(2)

 

なぜ1月初旬に受講したかというと、

中型に通い始めたのが1月初旬だったからで、

 

真冬のキンキンに冷えた空気のにおいというのは、

私にとっては教習のにおいだからですw

 

だのにー

その日は気温が高めで、快晴で。

(予報は曇りのち雨だったのに、いつの間にか晴れになってた)

 

影ひとつないコースに出ると、ポカポカ陽気で、

ちっとも懐かしの教習を彷彿とさせませんでしたw

 

まずは、ストレッチ的な準備体操をして、

コケた時の受け身用にってマットをゴロゴロして、

 

「コケた時、一点で体ささえるとそこ折れるからね!

 接地面は広くね!」

 

ってことでゴロゴロしたのですが、

コケた一瞬でそんな機転を利かせるためには、

身体が覚えるほど受け身の練習しないといけないんじゃ・・・w

 

そしてプロテクターをつけてから、

車庫に行って、

乗車前の車両点検や乗車姿勢などについて色々と説明がありました。

 

ブタと燃料的なアレや、

タイヤの空気圧は定期的にチェックしてますかーとか、

そんな感じ。

 

けっこう時間をかけて、丁寧に説明がありました。

(2行で終わってるけどw)

 

みんなが真剣に(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウンと聞いてる中、

いきなりケータイが鳴って通話し出した人がいて、

 

でも先生は驚く様子もなく、注意するでもなく、

もしかしてこれって普通の光景なのかしら・・・

ないわー。

 

そういえば、大型教習に行った時の適性テストの時、

最前列の席でずーーーっとスマホいじってて、

もうテスト始まるっていうのにまだいじってて、

先生に目の前で「スマホしまってくださいねー💢」って言われて

ようやく顔を上げた若者がいて、ビックリしたなぁ。

いまどきの先生は大変だね。

 

閑話休題

 

説明が終わったら、バイク選びです。

各自、自分が乗りたいバイクを出して、 コースに出ます。

 

私は、VTR250かCBR250Rにしようと思っていて、

(ほんとは久しぶりにCB400SFに乗りたかったんだけど、

 迷子やおみそ必至だから、軽いバイクにして負担を減らそうとw)

 

でもどっちにしよーどうしよーーと先生と話していたら、

 

「どっちも乗ったらいいやん」

「こかしたったらええねん。自分のバイクちゃうんやし!」

 

などと軽く言われたので、

(途中でバイク変えるのもアリなんだってー)

見てから決めることにして、見てみたら・・・

 

CBR250Rは、意外とぶーちゃんで、(横幅があるの意w)

ちょっとこわいなー慣れるのに時間かかるかもなーと思ったので、

VTR250にしました。

 

思いきり練習するのが目的だからね!

慣れないバイクにおっかなびっくり乗る時間はもったいない!

 

てか、スリムなSLくんに慣れきっちゃうと、

きっとどんなバイクもDEBUに感じてしまうよね。困ったね。。。

 

で、

各自好きなバイクを持ってコースに並び、 

ヘルメットをかぶって、 ウォーミングアップ。

 

かんじゅく走行って?完熟じゃないことは確かよね。

と思った4年前を懐かしんでいると、

(『チームマリ モーターサイクル・レッスン in 鈴鹿(2)』)

案の定、迷子になりがちでしたw

 

だってー、道があっても迷子になるのに、

何の目印もないところ、覚えられないっつの。

 

前の人についてきゃいいんじゃんって思うかも知れないけど、

慣れないバイクで周りを見る余裕はなく、w

 

前にいる人が変な乗り方してたりすると、

それが気になって気になって・・・

(公道でもたまにいるけど、わけもなく蛇行運転する人いるじゃん、

 目の前でそういうのされると、イラッとするし気になるのよねー)

 

ビビりで、トロくて、神経質です。

とカルテに書かなければw

 

で、迷子になりつつ勝手にショートカットしつつ、

何週かぐるぐるして、

 

先生は拡声器でなんか言ってたけど、

全然聞こえませんでしたw

 

ウォーミングアップが終わったら、

いよいよ授業開始で、

まずはブレーキングの練習をしました。

 

リアだけー

フロントだけー

両方でー

 

停止線でピッタリ止まれるようにブレーキをかけるのですが、

問題は、いや課題は、

 

ブレーキを加減してはいけない

 

ということ。

 

一定のブレーキングで、停止線で止まるようにするのは、

けっこう難しかったです。

 

直線からの停止線での停止って、普段は信号なわけで、

車間とか気にするし、仮に前に車がいなかったとしても、

スピード加減したりブレーキ加減したり、してるもんねー

 

一定のブレーキ!って思っても、

身体が勝手に動いて加減してしまう。

 

大型教習の時の急制動でも、

「ギア落とさなくていいからw」って何回も先生に言われたけど、

勝手に足が動くのよ!

 

で、

停止線で停まらなきゃーって思うと、スピード出さないようにしちゃうし、

大してスピード出さないでいると、

 

「おらおらスピード出てへんぞーーー!!」

 

と先生に怒られるし、(※多少誇張表現があることをお詫びしますw)

 

じゃあってんでスピード出して

ガッと止まろうとすると、アクセルが戻し切れてなくて、

(だってーSLくんとは具合が違うんですものー)

 

「おらおらなんでアクセルあいとんじゃボケーーー」

 

って先生に怒られるし。(※ボケとは言われてませんw)

 

そんな感じで、

 

停止線前で止まっちゃったり、

停止線超えて止まっちゃったり、

ブレーキ加減しちゃったり、

 

していると、

あっという間に午前の部は終わりました。