読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクで迷子 *new!

独自ドメインとって移転しました❤あいかわらずキョドってる時はだいたい迷子ですw

※マイナーチェンジしたので、各記事のURLが変わっています~。ゴメンナサイ!!※

自動二輪車教習の思い出・平均台(一本橋)編


平均台(一本橋)は、
中型の時も大型の時も、大なり小なり手こずりました。

中型の時は、
落ちる(渡り切れない)
からの、
落ちないようになったら落ちないように速過ぎる。

大型の時は、
速過ぎる。(落ちるのを恐れるあまりw)

中型の時は、
やっぱりクラッチやアクセルワーク、ブレーキングに慣れておらず、
低速でバランスを保つっていうのがとてもとても難しかった。

遠くを見て!とか、ハンドルを振ってバランスを取って!とか、
3000回転キープして!とか、リアブレーキ使って!とか、
色々色々言われたけど、(先生にね)

結局のとこは、
クラッチアクセルブレーキを駆使して低速でバランスを保つってのは、
難しいわけで。体得するしかないわけで。

そういうのに慣れてた大型教習の時は、
スラロームに続いて、先生に「クラッチうまい」とか言われたし。

だけど手こずったのは、速く渡り過ぎてたからw

でもこれは、
教えるのがすんごくうまい先生のおかげで乗り越えたので、
そのコツを伝授します!

んとね、
平均台(一本橋)に乗る前から、低速にしておくのです!

中型は7秒なのに、
大型は10秒も乗ってないといけない。

だから、ふつうにゆっくり走ったのでは、
速く渡り過ぎちゃう。

それは、(その時の私の場合は)
平均台に乗ってから、スピードを落としてたから。

平均台は、停止状態からスタートしますよね。
で、
発進して、カタンと台に乗って、渡って、カタンと降りる。

この前半部分で割と勢いがついてて、
台に乗ってからゆーーっくりにしようとしたのでは遅くて、
速く渡り終えてしまってたのです。

そんな私に先生が授けてくれた知恵が、
平均台(一本橋)に乗る前から、
発進した直後から、ゆーーーーっくりにしておくこと。

発進して、
台に乗る前から既に台をゆっくり渡るぐらいのスピードにしておいて、
ゆっくりカタンと台に乗って、
ゆっくり渡って、ゆっくり降りる。

これで、私は平均台の女王に・・・はなってませんがw

これも最初は
( ´゚д゚`)エー リームー
って思いましたけど。

発進してすぐゆーーーくりなんて、
ふらつくじゃん、コケるじゃん、って。

でも先生に、

できると思わないとできませんよ!
できないと思ってたらできませんよー!

との名言を頂きまして、できるようになりました。

平均台(一本橋)を速く渡り終えちゃって悩んでる人は、
試してみてねー!

・・・とはいえ、
台から落ちたら検定中止だから、
ぶっつけ本番で試すのはやめてねw

台から落ちるぐらいだったら、3秒で渡り終えたほうがいいよw